弁護士が行っている集客方法とは

近年、司法制度改革が行われ、ロースクール制度ができ司法試験合格者が一気に増えたことから弁護士の数か増えてきました。しかし急激に資格を持つ人たちが現れたということもあり、検察官や裁判官、弁護士の仕事に就けないという人も中には出てきました。そういった人々と資格をちゃんと仕事にできている人の差は何かというとマーケティングができるかできないかでしょう。

弁護士にマーケティングの必要性

2000年以降広告規制が弁護士業界でも解禁され、顧客の集客にマーケティングを用いるという人が出てきたのです。現在でもこの方法は有効的な集客方法として用いられていますが業界に浸透していないということから、充分な広告やマーケティングができないせいで廃業するという人が増えてきているというのが事実です。

なぜそういった事態になるのかというとこの資格には定年がないというのが大きな理由として挙げられます。有名で実力や実績のある人にはいつでも仕事は来ますし、そういう人はどの業界に行っても困ることというのはないはずです。

口コミ集客の限界

それから新規で開業した無名事務所が有名になるには広告を使って宣伝しないと客が集まらないということも理由として挙げられます。口コミで広がるということもまれにありますが、そういうのは最低限のマーケティングの努力をしたからこそ得られる結果であり、現代で努力なしに儲かろうとしてできる仕事はありません。

その次に重要なのがライバル会社の調査でしょう。ライバル会社は実力も実績も自分の事務所より上の可能性があります。そういった会社をいかに負かすか考えておかないと早期に会社つぶれてしまうことになってしまうでしょう。その調べる際に注目すべき点は相続、離婚、交通事故、企業の4点になります。

この4点と弁護士の数を考えれば競争度合いもわかります。また、事務所を建てる際には交通などで便利な場所であるほうが客は来てくれることが多いです。独立するという人はその後3年間の売り上げ予想と経費予想をかきだすようにしましょう。

そうすることで自然とその後の戦略を建てなくてはいけなくなってくるのです。広告を出すということは第三者に向けてこの事務所はこんな場所であるということをアピールすることにつながります。それは他業者で協力してやるとさらに効率のいい宣伝ができるようになるのです。信頼の持てる弁護士事務所にするためにも第三者機関で広告を作ってもらうことは必要になるでしょう。もしよかったら、是非参考にしてみてください。