運営団体スタッフ

岡田和子

交通事故の原因を調査するのがミッション。なぜ人は交通ルールを守らないのか?その深層心理を探っています。

鈴木純一

データ分析が得意。なぜ交通事故が起きたのか、その原因をデータから分析して解析します。夜間や朝方には交通事故が起きやすい。そういった統計情報に基づき安全運転につながるような提言を行っています。

服部幸三

電子工学の研究をしているため、安全装置に携わっている。交通事故防止につながるような装置開発をしている。センサーが分析して自動車が自動で停止するような衝突反応装置などを開発しているのが特徴。科学と交通事故を常に解明に取り組んでいる。

福井建

3歳からプログラミングをまなんでいたという、根っからのプログラマー。プログラムによる衝突防止システムには一定の評価をもらっている。自動運転が進む中、人工知能と安全運転の活用を研究している。

油谷一気

詩人。文化的な側面から安全運転とは何か?をテーマに文化活動やサイト運営、詩を書いている。交通事故と人の感情は連動しているをテーマに、人間の感情コントロールの必要性を幅広く話している。

加納幸一

プロジェクトマネージャー。交通事故0をモットーに幅広く、講演活動や研究を進めている。