交通事故が得意な弁護士は後遺障害認定も親身にサポート

足の後遺障害

後遺障害認定とは?

交通事故で負ったケガについては、治療が終わっても固定的な症状が残って回復が見込めないことがあります。そうした固定症状によって労働能力が低下したり、要介護状態また生活に影響があると後遺障害認定となります。

後遺障害認定されると、損害賠償請求できる内容が変わってきます。まず入院と通院の慰謝料に加えて後遺障害慰謝料が請求でき、後遺障害認定に伴って労働能力が低下することで減ってしまう将来の収入も損害賠償請求できます。この、減ってしまう将来の収入が逸失利益です。

後遺障害慰謝料や逸失利益は、後遺障害認定された等級に基づいて算出されます。等級は全部で16級あり、それぞれの等級に慰謝料計算の基準や逸失利益計算の係数などが定められています。よって、後遺障害の損害賠償請求をするためにはまずは後遺障害の等級認定の申請をしなくてはなりません。

後遺障害等級認定なら交通事故に強い弁護士に相談しよう

後遺障害の等級認定は自賠責保険の審査会が行い、申請ルートは2通りあります。ひとつめが加害者の保険会社が全面的に手続きをする事前認定、もうひとつが被害者自身が手続きをする被害者請求です。事前認定では被害者は手続きをしなくてすみますが、申請書類などを見ることがないので認定される後遺障害の認定等級の内容が不透明となるケースがあります。後遺障害の等級は受け取れる車両や逸失利益の金額に直結しますから、被害者請求で内容をしっかり把握しておくことが大切です。

被害者請求にはいろいろな書類上の手続きが必要ですが、交通事故弁護士に相談すれば親身に相談にのってくれます。交通事故に強い弁護士は、「治療中の法律相談は受けられない」という事務所もいますが、そういうことはありません。等級認定は、交通事故に強い弁護士なら医学的な知識をそろえており、普通の弁護士にはできな医学面もサポートしてくれるのです。

さらに、後遺障害等級をとるからこそ、慰謝料も増額できます。

後遺障害の等級認定における弁護士の役割とはなにか?という疑問があると思いますが、それは、ずばり!後遺障害診断書に何を記載してもらうべきかのアドバイスです。ここを弁護士がサポートできなければ、適正な後遺障害等級や慰謝料の獲得はできません。

後遺障害診断書でできと不出来で認定される等級がかわりますから、弁護士のサポートが重要になるのです。

後遺障害等級に納得がいかないなら異議申し立て

また、認定された後遺障害等級に納得がいかないという場合は異議申し立てができる決まりになっています。交通事故を専門にする弁護士は、事前認定で既に認定されている後遺障害等級についても、被害者の方が受け取れる慰謝料や逸失利益が引き上げられるように後遺障害認定等級の意義申し立てや再申請の手続きも積極的にサポートしてくれるはずです。

交通事故の示談交渉では、弁護士に相談してアドバイスをもらったり示談交渉の代理人になってもらうことで最初に加害者側の保険会社から提示された賠償金額が大幅に、何倍にもアップするというケースが珍しくありません。
交通事故に巻き込まれて被害者になってしまった時に備え、任意保険の弁護士費用特約に契約しておけばいざという時に弁護士に相談するための費用も任意保険から補てんされますから費用の心配をしなくてすみます。

弁護士費用特約を加入していれば、300万まで弁護士費用を賄うことができますので、多くの事故を自己負担なしに弁護士相談が可能です。人身事故ももちろん、物損事故にも使うことができますので、幅広い事故だといえるでしょう。

弁護士特約は、自分で弁護士を選ぶことができますので、交通事故に強い弁護士をポータルサイトで探して、自分とあった弁護士に依頼するのがよいでしょう。